忍者ブログ

多読で英検1級とりたーい、そして、在宅翻訳者になりたーい

小学生の母でアラフォーのビーが、英検1級を目指しながら、在宅ワークもがんばる様子を記します。ドラマ SUITS が好き。

さっそく自己採点しました

昨日は相当悲観していましたが、採点を終えてみると前回より1点上がった59点。 なんにせよ今回も合格には到達しないと思いますが、思ったより出来ていたのは謎です。試験中は本当に絶望的に出来ないと思ってて、

筆記が終わった時点で「この試験はもう終わった…」と

思い込んでいました。 なぜそんなこと思ったんだろう!!筆記だけ見たらかなり出来てるのに!!もったいない。 リスニングが始まった時にはもうこの試験を完全に捨ててましたが…

今思うと本当に馬鹿だった。







とりあえずパートごと振り返ってみると、パート1は21点!!

前回の20点にに引き続き良く出来ていました。どれも「雰囲気」で選んだだけなので

ここまで正解出来たのはやっぱり謎

ですが、「英検1級 でる順パス単 書き覚えノート 」を地道にやっていたのが良かったんだと思います。これ以外のボキャビルは、たまに読書中に辞書引くくらいで他にはやってないし。

 でる順パス単書き覚えノート、すごし。






パート2は、1問目が難しく感じたのですっ飛ばして2問目からやりました。で結局時間切れとなり、1問目は回答できないまま。

パート3は、もしかして多読の効果が出てきたのでしょうか?!驚きの9問正解です。これはもう単純にうれしいです。

3問目の絶滅した動物をよみがえらせる話は1ヶ月くらい前にTVで似たような話をやっていたのを観たので、とっかかりやすかったです。

あのテレビ何ていう番組だったのでしょうか。ナレーションは渡辺徹がやっていました。韓国人の研究者が冷凍されたマンモスの肉片からDNAを取り出しゾウの卵子に移植する、という内容だった気がします。 子供が観ていたので、なんとなく一緒になって観ていたら、こんなところで役に立つとは!!

作文のテーマは書きやすいものだったと思います。もちろんそれは、

ちゃんと普段から時事英語に触れていれば!!

の前提ですが… 。
前回の作文は12点もらえた記憶がありますが…今回も同じかそれ以下でしょう。

リスニングは、さっきも書いた通り集中力ゼロでした。まず1問目からつまづき、立て直すことも出来ませんでした。でも、パート4のインタビューだけは分かりやすい問題だったので、ボーっと聞いて出した答でも合ってました。


終えてみて、

この4ヶ月でビーの英語力は特に変化なし

ということが分かっただけでした。前回「1級も受からない試験ではない」という手ごたえを感じた、と書いた気がしますが、うーん…

その考え甘かった。


このままではいつまでも受からない気がします。


拍手[2回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

本を読みたい★

プロフィール

HN:
ビー
性別:
女性

最新コメント

[05/18 三村周]
[02/13 ビー]
[02/12 NOBU]
[02/04 ビー]
[02/03 大阪の主婦]

ランキング

ブログ内検索

忍者カウンター

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7
9 10 11 13 14 15
16 17 18
24 26 28 29
30 31