忍者ブログ

多読で英検1級とりたーい、そして、在宅翻訳者になりたーい

小学生の母でアラフォーのビーが、英検1級を目指しながら、在宅ワークもがんばる様子を記します。ドラマ SUITS が好き。

萩@Journeys in Japan

山口県に注目が集まってますね。 それに合わせてかわかりませんが、今週、NHK world の Journeys in Japanって番組で萩が特集された回がBSで再放送されていました。

ビーも萩に行ってみたくなりました。あの街並み、かっこいいですね~。


この番組は外国人向けに作られているので、ナレーションは英語、日本語の会話にには英語の字幕が出るので、英語の勉強にもなります。

ビーが感動したのは、萩の子供たちが吉田松陰の名言を復唱してる場面です。やっぱり子供のときから良い言葉に触れさせるのっていいなあって思いました。

ちなみに、松陰先生のお言葉はこんな風な英語字幕になっておりました。

志を立ててもって万事の源となす

書を読みてもって聖賢の訓えをかんがう

Whatever you attempt, nothihng can be achieved if you do not have the will. The first thing you need is to have the will.

It's important to read books and develop your thinking, referring to the teachings of respected people.




なるほど~。 ちなみにこれは3年生で暗唱する部分みたいです。

その後、これ ↓ も復唱してみせてくれました。 どうやら、小学校に入学して最初に復唱するのがこれみたいです。

今日よりぞ 幼心を打ち捨てて 人と成りにし 道を踏めかし

Untill now, I depended on my parents. But from today, I am an elementary school pupil. I will do my things for myself, and get on well with my friends.




入学にあたってふさわしい内容ですね。子供たちが「おさなごころをうちすてて」なんて言ってるところかわいすぎました。


校長先生のお話。

今は十分に理解してないと思います。だけど大人になったときに何か役に立つのではないか、自分の困った時などに、よりどころになるのではないかと思っています。

I don't think the children fully understand the meaning of the words at this stage, but I believe the words will be of great use to them when they are adults. The words will provide psychologic support when they come up against difficulties.



いいですね。こういうの。


小学校で英語教育が始まってますけど、英語でもこういう名言を徹底的に復唱するとかの活動があればいいのになって思います。



松下村塾も出てきました。松下村塾のある松陰神社の宮司さんのお話。

平たく言えば、人として人間としてどう生きるべきか それからもう一つは日本人としてどう生きるべきかということの2つが、いわば大きな勉強の目的であったと言えます。

たとえここは田舎であってもですね、必ずや日本を背負っていくような人材を養成したい、と、松陰先生は志のある者、一生懸命勉強して社会や国の役に立とうとするものなら誰でも良かったんですね。

身分を問わなかったと言われる。

The Shokasonjuku had two objectives. Firstly, how to live as a human being, and secondly, how to live as a citizen of Japan.

Even though Hagi was a remote place, his aim was to nurture future leaders. He accepted anybody as a student as long as they had the will to study, and as long as they devoted themselves to serve society and the nation.

He was not interested in what social class a student belonged to.




松下村塾のあのシンプルな造り、畳の部屋もいいですよね。究極のミニマリズム。現代では逆に贅沢な気さえします。

萩。遠いけど行ってみたいな~。


拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

本を読みたい★

プロフィール

HN:
ビー
性別:
女性

最新コメント

[09/25 大阪の主婦]
[09/21 ビー]
[09/20 大阪の主婦]
[05/18 三村周]
[02/13 ビー]

ランキング

ブログ内検索

忍者カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31