忍者ブログ

多読で英検1級とりたーい、そして、在宅翻訳者になりたーい

小学生の母でアラフォーのビーが、英検1級を目指しながら、在宅ワークもがんばる様子を記します。ドラマが大好き。

主婦パート 最大の非正規雇用

ここんところ、自分の意識が「働き方」について考えることに向いているため、ついついこんな投稿が増えています。



「主婦パート 最大の非正規雇用」

↓ アマゾンのレビューです。

日本最大の非正規雇用、800万人の主婦パートタイマーが壊れる!「サラリーマンの夫に扶養されている、お気楽な短時間ワーカー」という像は過去のもの。企業から正社員なみの貢献を求められているにもかかわらず、歪んだ社会保障制度の作り上げた低賃金・低待遇は放置され、彼女たちは疲弊していくばかりだ。日本の企業と家庭を下支えしている主婦パートの苦境を無視したときに起きる、この社会の危機とは?その危機を避けるための処方箋とはなにか?主婦パートという「見えざる存在」に初めて光を当てる警告の書。



主婦パートについてこんな詳しく書かれている本なんて珍しいですよね。1チャプターだけでなく、1冊丸々主婦パートについてですから。
  
そして、この本を読むと、同一労働同一賃金なんて本当に高いハードルだわね…ってことを思い知らされます。自分の代では無理としても、子の世代、孫の世代のことを考えると実現してほしいんですけど、どう考えても世の中、逆の方向へ向かっているようにしか思えないですね。
 
以前、ハローワークで見たパート求人にこんなものがありました。まず、東南アジアの国から来ている社員の教育の通訳のため、その国の言葉で会話が出来ること。彼らの送迎のため、車の運転が得意なこと(バンの運転)。空いている時間は英文事務をしてもらうため、事務経験があって英語が堪能なこと。そして、時給はたしか1,000円未満でした。
 
いやー、求めているスキルと時給が…合っていないような気がしますけど。まさにこの本に書いていあることがそのまんま現実になったような話です。


この本は2010年に出版されていて、私はその時に読みました。しばらくは忘れていたんですけど、自分の働き方を変える今回の一連の動きの原動力の1つになっています。

拍手[0回]

PR

ブログのタイトルを変更しました

これから、在宅ワークの話題が増えていくと思うので、タイトルを少し変更してみました。

ただ、…長い。このブログタイトル……。

でも他に気に入るものも思いつけないので、当分はこれでいきます。いいのが思いついたらその時にまた変更します。

拍手[2回]

「定年女子」

明日から始まるNHKのドラマ「定年女子」がおもしろそうです。

http://www.nhk.or.jp/pd/teinen/html_teinen_cast.html

ヒロインは53歳で、役職定年となり、会社にとどまるか辞めるかの選択を迫られるところから始まるみたいです。

役職定年というものがあることは親を見ていて知ってはいましたが、58歳とか、早くても55歳くらいだと思っていました。だんだん早まっているってことなんでしょうか? それとも女性だからなのかな? よくわかりませんが。

役職定年そのものは私にはいっさい関係のない話ですが、前回のブログにあるように、今、これからの自分の働き方を考えている最中なので、53歳の時点で私は何をしているのかな~?どうしているのかな~?なんて考えて、このドラマに興味を持ちました。

ヒロインとその友達3人は皆、会社員や公務員として働き続けてきた女性という設定ですが、ひとりだけ主婦の友人が出てきます。その人が私には一番近い存在だと思うので、どういう描かれ方をするのか興味あるところです。

なんだかんだで、もう「定年」なんて言葉を意識する年齢になってきたんだな~。以前ならこういうタイトルのドラマはスルーだったと思うんだけど…。


拍手[0回]

働き方、再構築中。

久しぶりの更新になってしまいました。

2017年度第1回の英検も、次の日曜にB日程の面接が行われてフィナーレを迎えますね。私は1つ前のエントリに書いたとおり、今回は受けませんでした。マグレでパスできた一次試験の免除期間もこれにて終了…。

あーあ… って気持ちではありますが、それでもまたチャンスは来るでしょう。きっと。

そんな中、読書はほとんどしてなくて、ラジオの講座と英会話サークルだけ継続中。やっぱりエンジョイ・シンプル・イングリッシュの落語がお気に入りです。その次は、My hometown。今の大阪編もおもしろいです。次はどこの土地でしょうかね。

ビジ英の音読も続けています。回数をグラフにするのは早々にあきらめましたが、鉛筆でノートのはしっこに地道に印をつけてます。

現代英語は、正直言って挫折しそうですが(春から言ってる)聞くだけ聞いてます。

ラジオ講座って本当にありがたい。ちょっとずつを毎日っていうふうに取り組ませてくれるのが本当に。



ところで、トップ画像にリンク貼った本に「副業」って文字が目立ってますが、今、私自身が自分の働き方を再度構築中です。

会社勤めをしていた頃からずっと、このままでいいのかな~って考えてはいました。

いろいろ考えた結果、在宅で仕事をしたい!って思うようになって、まずは勤めと同時進行で少しずつ在宅の仕事をもらって挑戦してみました。最初は本当に少しずつからでした。

その後、会社勤めを完全に辞めて、家で出来る仕事を増やしてきました。

今は主に4社から5つのお仕事をさせてもらっていて、英語に関係ある仕事は3つ。あとの2つは英語とはまったく関係ないです。なのであまり参考にはならないかもしれませんが、どんな風に仕事を見つけたかとか、採用されるまでの道のりとか、だんだんアップしていきたいと思っています。


   

拍手[3回]

ドラマ Divorce シーズン1 を観ました

サラ・ジェシカ・パーカー主演の最新ドラマ「Divorce」を観ました。




詳しいストーリーは書きませんが、…登場人物も話もけっこうめちゃくちゃです。
 
雰囲気としては Mistresses っていうドラマに似てると思いました。 Mistresses は最初にBBCが作り、後でアメリカでもリメイクされました。どっちかというとBBCが作った方のドラマに似てるかな。なんか全体がグレイッシュな感じとか、気難しそうな顔した大人たちがよくわかんない行動するところとか。
 

このドラマでサラがゴールデン・グローブの主演女優賞とったし、シーズン2も確定してるみたいだから、アメリカでは人気があるようです。米アマゾンでのレビューも五つ星が多い。
 
でも共感もできないし、笑える場面もないな~、と個人的には思いました。一応コメディという位置づけらしいけど、こんなんで笑える人いるの…?

サラのファッションだけは相変わらず見てて楽しかったし、演技も確かにうまかったけど。

あと、ケンカ腰な表現や卑猥な表現など、どぎついセリフが多いので、英語学習教材として下手にセリフの暗記とかしない方が良さそうかな。

ツタヤでシーズン1(4枚)を一度に借りてしまったので最後まで一応見ましたが、 シーズン2は多分観ないです。


なんかもっとスッキリするドラマが観たいな~。


拍手[0回]

在宅ワークについての記事(仮)

現在の仕事状況

在宅ワークを探す

まず応募

書類選考

採用試験・トライアル
結果待ち
いよいよ研修・試用期間
在宅での仕事開始
社員さんとのやり取り
なにはなくとも締切厳守
なにはなくとも成果物
お給料について
英語学習がどのくらい役に立っているか
在宅ワーカーで良かったこと
在宅ワーカーで困ったこと
いかせる経験
自宅の仕事環境
家族の協力
良い会社・ダメな会社
これからの展望
失敗談

本を読みたい★

プロフィール

HN:
ビー
性別:
女性

最新コメント

[05/18 三村周]
[02/13 ビー]
[02/12 NOBU]
[02/04 ビー]
[02/03 大阪の主婦]

ランキング

ブログ内検索

忍者カウンター

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7
9 10 11 13 14 15
16 17 18
24 25 26 27 28 29
30 31