忍者ブログ

多読で英検1級とりたーい、そして、在宅翻訳者になりたーい

小学生の母でアラフォーのビーが、英検1級を目指しながら、在宅ワークもがんばる様子を記します。ドラマ SUITS が好き。

真田丸 第35話「犬伏」

昌幸のウィキペディアより。




こっちは    The Samurai Archives Samuraiwki ってサイトで見つけた、昌幸のページ


サムライウィキの方には、最初は親子3人そろって上杉征伐に出発してたことや、犬伏(下野)に三成からの書状が届いたこと等、今日のドラマで描かれていたことが載っています。書状は三成からというか、劇中では大谷刑部が文面を考えて三成が代筆してあげてましたが。今日のドラマを見る限り、この密書が来なければいわゆる犬伏の別れというのはなかったみたいですね。

ここは 真田ファミリーの物語で最大の山場ですね。

そして今日の主役は昌幸ではなく、信繁でもなく、間違いなく信幸でした!

これまでの信幸がしいたげられるエピソードは今日の為の布石だったのだな~と、予想はしていましたが、ドンピシャにハマりました。観ていた人みんなが、信幸成長したな~と思った瞬間でした。

この犬伏の別れは、立場上、昌幸が東軍と西軍に分かれると決めたということになってます。

でも、親子の話し合いの中で誰が言い出したかはたぶん分かってないわけで(外部の人はいっさい締め出してたから)、ここで、パパではなく弟ではなく、一番複雑な立場のお兄ちゃん、しっかり勉強してきたお兄ちゃん、奇策を一番嫌っていたお兄ちゃん、の発案だったっていうのがドラマ的に良かったです。



昌幸の「いったん忘れる」も笑えましたけど。これ日常で使えそう。笑。


景勝の「多いな」。そして「逃がしてやれ」からの、兼続の「ですよね」な表情もかなりツボでした。このコンビももうすぐ見られなくなるのかと思うとさみしい。



 

拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

本を読みたい★

プロフィール

HN:
ビー
性別:
女性

最新コメント

[09/25 大阪の主婦]
[09/21 ビー]
[09/20 大阪の主婦]
[05/18 三村周]
[02/13 ビー]

ランキング

ブログ内検索

忍者カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31