忍者ブログ

多読で英検1級とりたーい、そして、在宅翻訳者になりたーい

小学生の母でアラフォーのビーが、英検1級を目指しながら、在宅ワークもがんばる様子を記します。ドラマ SUITS が好き。

メルケル首相

日独首脳会談がニュースになってますが、メルケル首相といえばどうしてもこの画を思い出してしまう…。

 

写真はこのツイートからお借りしました。

https://twitter.com/rabbi2244/status/686156436930363392

真田丸の字幕が消えないままニュースになってしまったんだそうです。メルケルさん怖すぎですって…!!


去年は一生懸命真田丸を観ていましたが、今は直虎を観てます。けっこうおもしろいです。真田丸は1582年スタートでしたが、直虎はそこがエンドになるように進むみたいなので、真田丸では見られなかった家康の前半の人生が描かれるみたいで楽しみです。

直虎の公式ウェブサイトは英語版がないみたいなので、そこはとっても残念です。(真田丸の公式ウェブサイトの英語版はとっても充実していました。)


拍手[0回]

PR

真田丸★各話英語タイトル

25日の日曜日。#真田丸第51回ってツイートがけっこうされてて笑わしてもらいました。タイトルは「復活」「謀略」「薩摩」「聖夜」「松代」「妄想」「御伽」「離合」「戦記」…みんな好きなように話作ってる笑!!

ビーは「松代」が見たい笑。

それはさておき、真田丸では各話の日本語タイトルはすべて漢字2文字で統一されていました。英語の方はそれを基本的に1単語で訳した感じになってます。

( 1 ) Sailing Out
( 2 ) Decision
( 3 ) Stratagem
( 4 ) Challenge
( 5 ) Predicament
( 6 ) Adrift
( 7 ) Recapture
( 8 ) Ploy
( 9 ) Maneuvering
( 10 ) Gambit
( 11 ) Nuptials
( 12 ) Hostage
( 13 ) Showdown
( 14 ) Osaka
( 15 ) Hideyoshi
( 16 ) Two-faced
( 17 ) Reunion
( 18 ) An Audience
( 19 ) Romance
( 20 ) Premonition
( 21 ) Hostility
( 22 ) Arbitration
( 23 ) Conquest
( 24 ) Downfall
( 25 ) Parting
( 26 ) Gourd Seller
( 27 ) Distrust
( 28 ) Sufferings
( 29 ) Disturbance
( 30 ) Twilight
( 31 ) Demise
( 32 ) Tit-for-tat
( 33 ) Upheaval
( 34 ) Risings
( 35 ) Inubushi
( 36 ) Battle
( 37 ) Nobuyuki
( 38 ) Masayuki
( 39 ) Years
( 40 ) Yukimura
( 41 ) Entry
( 42 ) Allies
( 43 ) War Council
( 44 ) Fortification
( 45 ) Shutout
( 46 ) Cannonball
( 47 ) Counter-attack
( 48 ) Trigger
( 49 ) The Eve
( 50 ) None

最終話はタイトルなしでした。

ただの英単語がドラマのタイトルになるだけでかっこよく思えてくるから不思議です。


拍手[0回]

真田丸★フィナーレ

とうとう来てしまいました。真田丸の最終回。

人の一生を描いた大河ドラマでは、最終回よりも前、人生の全盛期に物語のピークが来る方が一般的なので、最終回だから特別どうってわけではないです。ビーの場合、犬伏、勝負、信之、の3回がまさにクライマックスだと思いました(全50話中、35、36、37話)。

でも、最終回ってことは、そこで終わりで来週からはもうないんだからやっぱり特別な意味があります。

そして、最終話のラストシーンはどのようなものになるのか、は、やはり見どころでした。

ラストシーンは大勢の人が予想していたものとだいたい合致してました。信之が大坂からの知らせを聞いて思いにふけるっていうもの。長らく「主役って昌幸じゃん」と言われていたこのドラマですが、ビー的には本当の主役は信之だわと思って見てたので、この方のシーンで終わったのは大満足です。

そして、終わってみれば最終回で一番印象深いのが、・・・佐助55歳。

これは、三谷幸喜が55歳なので自分のことを言ってるのだと思いました。佐助が「身体中が痛うございます」って言ってましたけど、あれはまさに自分の気持ちでしょうね。1年分の脚本を書いて体がしんどかったよ~って意味だと思います。

先日三谷さんがNHKの朝番組に出ていたときも、重要な場面として佐助のシーンを挙げてました。佐助は架空の人物(たぶん十勇士のamalgam)なのでかなり自由な設定に出来るから、自分の分身みたいな感じで書いてたのかなあ? そういえば、きりちゃんに告るシーンもあったわ笑



あー、全50回、どの回もおもしろかったです。魅力的なキャラクターが満載でした。

とりあえず、30日の総集編を楽しみに待ちたいと思います。

そして、どうか、全編に英語字幕が付いたDVDを発売してほしい!!もし出たら絶対に買う!!

   

拍手[0回]

真田丸の英訳セリフ 「昌幸」

前々回の真田丸は大きなターニングポイントとなる回でした。だって!! 昌幸が!!

そんな昌幸の last words がこれ。(ToT)/

いずれ必ず豊臣と徳川はぶつかる。その時はここを抜けだし豊臣につけ。軍勢をひとつの塊と思うな。ひとりひとりが生きておる。それをゆめゆめ忘れるな。


軍勢をひとつの塊と思うな。は特にかっこいいセリフです。

真田丸公式HP英語版での英語字幕はこうなっていました。

Someday, Toyotomi and Tokugawa will collide. When that happens, leave here and side with Toyotomi. Don't think of an army as one mass. Each soldier has his own life. Don't ever forget that.




かっこいい…。



本多佐渡守も重要なセリフを言っていました。

いけませんな。豊臣家もつくづく運がない。秀頼公が凡庸な二代目であればしぶとく生き延びられたものを。


秀頼があまりにも立派に成長していたのです。

This is not good. The Toyotomi family doesn't have any luck at all. If Hideyori was a mediocre heir, he could've endured patiently.



秀頼役の子、ほんとにりりしさが出てます。対して星野源が演じている秀忠。いまいち頼りないというか。(実際は割と優れたお殿様だったらしいのですが)。



そしてこの次の回の真田丸は丸々一話、九度山での普通の暮らしぶりについてでした。大名も出て来ないし、戦もない、朝ドラみたいな感じでした。でもおもしろかったです。

最後の最後に使者(オフロスキー)が来て、いよいよ来週は大坂へカムバック!!のようです。あと2ヶ月で終わっちゃうなんて、さみしいなあ。

拍手[0回]

真田丸の英訳セリフ 「信之」

「信之」の回のハイライトのひとつはここです。

内府殿より父上と縁を切れとのお達しがあり、父上から受け継いだ「幸」の一文字を捨てることとなった。今日よりのわしの名じゃ。真田伊豆守信之。読みは変わらん。わしの意地じゃ!!


この直前に、You are useless!! って父上に責められてたのに。信之…。なんて素直な子なんでしょう。

このセリフの英語訳はこうなっていました。

I will no longer use the "yuki" character from my father's name. From today I am "Izu Governor, Nobuyuki." The Kanji character may have changed, but the name itself hasn't. Nor has my pride!!


かっこいい~!! 最後の Nor has my pride. ってのが特に決まってますね。



ちなみに、昌幸が尊敬して止まない信玄公は、自分の実の父親を追放してますわ…。

In 1541 Harunobu suddenly rebelled, supported by a great many of his father's retainers. Nobutora submitted with little bloodshed and Harunobu exiled his father to Suruga.


引用元:http://wiki.samurai-archives.com/index.php?title=Takeda_Shingen


あと、来週の予告のこのセリフもかっこよかったです。

おぬしのまなざしの奥の、くすぶっている熾火が見える。



江雪斎のセリフ。こう訳されていました。

I can see the smoldering glowing embers deep inseide your eyes.



以前登場した「英語学習の炭火理論」を述べるのに使えそうな表現です。


真田丸の英訳セリフ引用元: http://www.nhk.or.jp/sanadamaru/en/story/story37.html#mainContents

拍手[2回]

本を読みたい★

プロフィール

HN:
ビー
性別:
女性

最新コメント

[09/21 ビー]
[09/20 大阪の主婦]
[05/18 三村周]
[02/13 ビー]
[02/12 NOBU]

ランキング

ブログ内検索

忍者カウンター

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30