忍者ブログ

多読で英検1級とりたーい

小学生の母でアラフォーのビーが、英検1級を目指しながら、在宅ワークもがんばる様子を記します。ドラマ SUITS が好き。

Second Life を読みました

子どもが春休みに入りました。習い事の集中レッスンの抽選にはもれてしまいましたが、学習塾の春期講習には通えることになり、なんとか毎日だらけずに生活できてます。



この小説、読み終わりました。途中まで、出だしのところの布石をどうやって回収するのか謎すぎでしたが、それでもなんだかんだで、こいつは怪しい、こいつは怪しくない、といろいろ推理しながら読めたので楽しめました。最後には一応ちゃんと謎解きはされますし。私の推理は半分当たり、半分はずれ、という感じでした。

あと、「第二の人生」の意味が作中で明確に描かれますが、思ってたのと違ってました。ああ、そういう意味の第二の人生か…。

しかし、この人の前作もそうだったんだけど、ヒロインが自業自得すぎる…。これにつきますね。(← Before I go to sleep 読んだ方にはわかってもらえると思います。)

英語はすごく読みやすいです。一つ一つのセンテンスがとにかく短い。3-8 words くらいの短いセンテンスがポンポン続いていくので、ストレスレスで読めます。(ただし、ヒロインの行動にはイラっときますよ。)

あと、ヒロイン、 I can't. って言いすぎ。たぶんこの1冊の中で100回は言ってたと思います。

日本の2時間サスペンスドラマを時間をかけて見たような作品でした。松本清張原作のドラマを1本見たような読後感です。

前にも書きましたが、男性にはオススメしません。笑

拍手[1回]

PR

Second Life を読んでいます

ちょっとずつ読み進めていて、やっと話が動き出してきた感じのところです。しかし、登場人物のうち2名が似た名前で大変まぎらわしい…。

ヒロインの女性については、なぜそっちへ行く、なぞそうする、なぜそうなる、みたいな行動が多いです。もっとも、どんな人も、はたから見たらそんなもんなのかもしれませんが。そういえば読みながら思い出したけど、Before I go to sleep も構成はおもしろかったけど、ヒロインの行動にはいまいち共感できないところがあったなー。

  
 
何人か登場してきていますが、この人怪しい、けど実はこっちか?とか、いろいろ推理できて楽しいです。どういうふうに進んでいくのか楽しみ。ただ、この話、男性が読んでもちっともおもしろくないだろうなと思います。

英語については、たぶん、今まで読んだ中で一番知らない単語が少ないです。(あくまで自分比です。)Before I go to sleep も多くのブロガーさんが読みやすいと書いていましたが、これはそれ以上に読みやすいと思います。

拍手[0回]

Second Life を読み始めました

Grit の後、世界的ベストセラーの小説に手を出したのですが、英語が難しくていったんやめてしまいました。今回はやめるけど、話はおもしろそうなのでそのうち必ず読みたいと思ってます。

そしてやっぱり、ここは前に一度読み切れた作家のものがいいんではないか?と思い、Second Life というサスペンス小説を読み始めました。Before I go to sleep を書いた作家です。

 


Second Life: A Novel Kindle版 S. J. Watson (著)

Before I go to sleep は、クライマックスに入るまでほぼずっとヒロインの独白だったので、閉塞感がハンパなかったですけど、今回は最初から登場人物が数人出てきて、会話も普通にあります。

まだ最初の数ページを読んだだけですが、アラフォーの女性が自分の若かりし頃を思い返して、自分どうしてこうなった?的なことを延々と考える描写が多いのは前作と似ているような気がします。

ちびちび読んでいこうと思います。けど、今月、春休みあるからな~…。実は、子供の習い事の春期講習の抽選にもれてしまい、2週間と少しどうやって過ごそうかまじで悩んでます。



拍手[0回]

Before I Go To Sleep を読みました

早く話のカラクリと結末を知ってスッキリしたい!! と思ってたので読み切れて満足です。ただ、120%スッキリしたかと言われたら…うーん、どうでしょう。

 

↑ 最新版のPBの表紙は映画版キャストの顔写真になってます。なかなかドンピシャなキャスティング。



内容については何を書いてもネタバレになりそうなので、控えますが……これだけは言える!クリスティーンの速記術がすごい。笑。

冗談はさておき、ビーの推理は全部はずれました。なにぃ~?! そっちだったか~!! みたいな。




でもビーはこの作品好きです。単なる推理物としてだけではなく感情が描かれているから。

大人になってくるとクリスのような事情がなくても

「なんで私こんなところでこんなことしてるんだろうなあ」って思うこと、時々ありません?

つい昨日まで自分がまだ大学生だったような、一瞬で今の自分になってしまったような感覚。

抱いた事ないでしょうか? ビーはけっこうあります。笑


そんな切なさを思い出させる作品でした。

拍手[1回]

Before I Go To Sleep を読んでいます

「簡単な英語で書かれていて読みやすい」というのが、この本を読んだブロガーさん共通の感想だったので、わーい♪と思いながら読み始めたら、ほんとに難しい単語は出てこないです。(もちろん知らない単語はありますけど、他の本に比べたらめっちゃ少ないです。)読みやすいです。

しかし、息がつまるっっっ!! 多少イライラしてきましたが、これって主人公クリスティーンのイライラを読者にも味わってもらおうじゃねえかという作者の意図なんでしょうかね?!

ちなみに、最初の数ページで分かることなのでネタバレにならないと思いますので書きますが、主人公のクリスティーンは掟上今日子さんです。
 
 
 


掟上今日子は以前テレビドラマになったとき子供が観ていたので、ビーもなんだかんだで全話観てしまいました。新垣結衣ちゃんが銀髪かつらかぶってたりして最初は「ふざけてんのこのドラマ?!」とか思ったのですが、観てみるととてもおもしろかったです。

その後、子供にせがまれて小説も買いました。↑


この2作、作品のトーンは全然違いますけどね。

掟上今日子の方は今日子さんではない人の語りで進みますが、Before ---- の方はひたすら主人公のクリスティーンの独白ですから。閉塞感がパないです。

今のところ、ビーの中では10通りくらいの推理があります。人によってはもっと多くの仮説を立てられるかも? たぶんこれも作者の意図かもしれませんね。どうにでも考えられるような状況にあえてしておいて、たっぷり推理して楽しんでくれよーってところでしょうか。

ひたすら早く結末が知りたいです。

拍手[0回]

本を読みたい★

プロフィール

HN:
ビー
性別:
女性

最新コメント

[04/25 bracelet copy van cleef alhambra]
[04/25 replica van cleef and arpels bracelet alhambra]
[01/30 ビー]
[01/26 angel]
[01/03 ビー]

ランキング

ブログ内検索

忍者カウンター

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31