忍者ブログ

多読で英検1級とりたーい、そして、在宅翻訳者になりたーい

小学生の母でアラフォーのビーが、英検1級を目指しながら、在宅ワークもがんばる様子を記します。ドラマ SUITS が好き。

Before I Go To Sleep を読みました

早く話のカラクリと結末を知ってスッキリしたい!! と思ってたので読み切れて満足です。ただ、120%スッキリしたかと言われたら…うーん、どうでしょう。

 

↑ 最新版のPBの表紙は映画版キャストの顔写真になってます。なかなかドンピシャなキャスティング。



内容については何を書いてもネタバレになりそうなので、控えますが……これだけは言える!クリスティーンの速記術がすごい。笑。

冗談はさておき、ビーの推理は全部はずれました。なにぃ~?! そっちだったか~!! みたいな。




でもビーはこの作品好きです。単なる推理物としてだけではなく感情が描かれているから。

大人になってくるとクリスのような事情がなくても

「なんで私こんなところでこんなことしてるんだろうなあ」って思うこと、時々ありません?

つい昨日まで自分がまだ大学生だったような、一瞬で今の自分になってしまったような感覚。

抱いた事ないでしょうか? ビーはけっこうあります。笑


そんな切なさを思い出させる作品でした。

拍手[1回]

PR

Before I Go To Sleep を読んでいます

「簡単な英語で書かれていて読みやすい」というのが、この本を読んだブロガーさん共通の感想だったので、わーい♪と思いながら読み始めたら、ほんとに難しい単語は出てこないです。(もちろん知らない単語はありますけど、他の本に比べたらめっちゃ少ないです。)読みやすいです。

しかし、息がつまるっっっ!! 多少イライラしてきましたが、これって主人公クリスティーンのイライラを読者にも味わってもらおうじゃねえかという作者の意図なんでしょうかね?!

ちなみに、最初の数ページで分かることなのでネタバレにならないと思いますので書きますが、主人公のクリスティーンは掟上今日子さんです。
 
 
 


掟上今日子は以前テレビドラマになったとき子供が観ていたので、ビーもなんだかんだで全話観てしまいました。新垣結衣ちゃんが銀髪かつらかぶってたりして最初は「ふざけてんのこのドラマ?!」とか思ったのですが、観てみるととてもおもしろかったです。

その後、子供にせがまれて小説も買いました。↑


この2作、作品のトーンは全然違いますけどね。

掟上今日子の方は今日子さんではない人の語りで進みますが、Before ---- の方はひたすら主人公のクリスティーンの独白ですから。閉塞感がパないです。

今のところ、ビーの中では10通りくらいの推理があります。人によってはもっと多くの仮説を立てられるかも? たぶんこれも作者の意図かもしれませんね。どうにでも考えられるような状況にあえてしておいて、たっぷり推理して楽しんでくれよーってところでしょうか。

ひたすら早く結末が知りたいです。

拍手[0回]

Before I Go To Sleep を読み始めました

おととしリアル本屋さんで買ったこの本、やっと読みます。もう映画化もされたんですよね? いきなり不穏な出だしですがこの先どうなるんでしょうか。なんとか迷子にならずに読んでいきたいです。

アマゾンの商品説明のところを読むと、この作家のデビュー作の様なのです。一作目がいきなり世界的ベストセラーになって映画化もされるなんてすごすぎですね。

 

Before I Go To Sleep

キンドル版はなんと破格の 230円。……。結局、夜ベッドの中で読む用にキンドル版も買ってしまいました。

この本と一緒に買った2冊も今年中には読みたいです。


そういえば最近は都心に出かけることもなく大型書店にも行けてないんですけど、本屋さんといえば今期やっていたドラマ「重版出来!」がめちゃくちゃおもしろかったです。

特に、書店員さんの本への愛情を表現した回、良かったな~。

拍手[0回]

Sycamore Row を読みました



えーと… どんだけ時間かけて読んでたんだって話ですが、ビー自身よく覚えてなくて、このブログをさかのぼってみました。どうやら去年の9月に読み始めたようです。

そう、その頃ネットで Sycamore Row ブーム起こってましたよね!!その波に join するつもりが今頃に。




このお話、10月初日に始まって翌年の5月までが描かれているので、物語とほぼ同期間読んでいたことに?! って…ビーの場合、9ヶ月間毎日少しずつ読み続けていたわけではなく、ずっとほったらかしにしてただけだったんですけどね…。

では、なぜいきなりまたこの本を再開しようと思ったのか。それは先日、大阪の主婦さんのブログエントリーで、「炭火のように消えそうで消えない英語への情熱…」というフレーズに触れて、とっても感動しちゃいまして…。(↑ちょっと言葉そのものは違うかもですが)

そう、ビーの心の中にも「炭火」が残ってまして、なーんで Seth はあんな遺言を書いたんだ!という疑問がずーっとずーっと消えずに続いていたのです。で、完全に消える前に読むか~!!ってなりました。
 
本はちょうど半分の300ページくらい読んだところで止まっていました。まだまだ謎は謎のままって感じのところでした。手がかりもまったくなし。

でも、再開してみてすぐに「これがきっと核心?」っていう事実が出てきまして、そこからはバーッと勢いづいてイッキに読み進め、半年以上ほったらかしにした後半を3日で読み切りました。

ある意味、話に入って行きやすい、いいところで中断してたかと。笑

ただし、3日間は家事をチョー手抜きしましたわ…。相変わらず読むの遅いので時間がかかるのです。泣





ここからはちょっと内容に触れます。





前作に引き続き、陪審員決めや陪審員の紹介にかなりページをさいていて、そこまで丁寧に描かなくていいよって日本人のビーからしたら思いましたが、米国の読者はそういうシーンこそ楽しんで読むのかも? どういう人がどういう考えを持ってる設定になってるか、「陪審員あるある」みたいのがあるのかな?

でも前作よりは後半が読みやすかったです。A Time to Kill は最後の方やっとのことで読み進めた記憶があります。これはビーの読む力が上がったというのではなく、グリシャムの文章がとっても読みやすくなってたということだと思います。アマゾンレビューをみても初期より文章が洗練されて、情緒ある作品になってるって書かれてましたし。そう、A Time to Kill はピンチに続くピンチで…なんか疲れました。

でも今回も裁判のシーンは実は「な…長すぎる…」と思って読んでました。だって結局は Lucien が持ってくる話が来ないことには決着つかないんじゃん、って気持ちになっちゃうので。出てくる話もだいたい知ってる話だし。ただ、劣勢ながらジェイクが出来る範囲で反対尋問がんばってるところはちょっとスカっとしました。

あとはとにかくひたすら Lucien 早く!早くして!酒飲むな~!寝るな~!って思って読んでました。(そういえば、メンフィスの Sistrunk 最後にまさかの再登場もツボでした。)

そんなこんなで、やっぱ今回のVIPは Lucien ですね~。お坊ちゃまで頭もいいはずなのに、なぜか人生の後半でこんなことになってる Lucien…笑。でも憎めない。A Time to Kill の時から分かっていたけど、根はとっても純粋でやさしい男なのです。アル中で空気読めずセクハラもするのでいっつも邪魔者扱いされるけど、差別だけは絶対しません。一番ヒマだからって感じでアラスカに派遣されましたが、彼じゃなきゃあそこまで Ancil の心を開けなかったですよね。二人のやりとり、泣けました。

結局、Seth がなぜあの遺言を書いたのかは、話の中盤で読者が「これだね」と思ったことそのままで、大どんでん返しはありませんでした。それでも、出てくるキャラみんなにストーリーがあって目が離せなかったです。

Jake, Lucien, Harry Rex のトリオ+Ozzie で、また新作出してほしいです。特に Lucien の司法試験再受験どうなるの!!って。笑

拍手[3回]

まだ読んでいます Sycamore Row

最初に読み始めてからもう半年になるので、いつまで読んでるんだって話ですが。

  Sycamore Row


去年の夏にちょっと読んでストップ→今年1月に再開、でしたが、ここのところまた読書ができなくて、今やっと半分まできました。

毎日1ページずつでも読み続けていればいいんでしょうが、10ページ読んで数日あける、の繰り返しのせいで、再開するときに必ず前の数ページに戻って確認しながらになるので、ほぼ全文章を二度読みしながら進んでる感じです。

この人が裁判でキーになるんだろうな、どんでん返しとかあるならこの人のせいだろな、という感じの人がいますね…。まだ半分あるので分かりませんけど。

ビーは映画も好きなので、小説を読むとどうしても「映画化されるならこの役は誰かな~?」と考えてしまいます。この話の Seth が似合うのはマイケル・ダグラスだなーとか。「不機嫌な金持ち老人」を演じさせたらピカイチだと思うから。



これはウィキペディアの probate のスクリーンショットから。

 

拍手[0回]

本を読みたい★

プロフィール

HN:
ビー
性別:
女性

最新コメント

[09/25 大阪の主婦]
[09/21 ビー]
[09/20 大阪の主婦]
[05/18 三村周]
[02/13 ビー]

ランキング

ブログ内検索

忍者カウンター

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30