忍者ブログ

多読で英検1級とりたーい、そして、在宅翻訳者になりたーい

小学生の母でアラフォーのビーが、英検1級を目指しながら、在宅ワークもがんばる様子を記します。ドラマ SUITS が好き。

どのくらい読めば多読なのか

英検二次、終わりましたね。受けられないと決まったとたんに何も勉強しなくなったビーです。最近は首が痛くて本も読めず、ネットサーフィンしてました。

そこで「洋書をどのくらい読めば効果があるの?」というサイトを発見。おもしろいな~と思って読みました。そのサイトでは、①年間100万語 ②身長の2倍 ③年間1万ページ という3つの方法を紹介しています。

100万語という言葉は「多読」で検索するとたびたび出てきますが、「年間で」というカッコ書き付だったんですね。
 
小説を15冊ほど読めば100万語ではないかとそのページの著者は書いていますが、そういえばビーもちょうどそのくらい読んだところです。

ただしビーの場合、丸3年近くかかってますが…

 
②の身長の2倍説。ビーは女性としては長身で168cmあるのでちょっと量が増えるな。ちなみに1冊の厚さを平均とって2cmとすると…ある意味計算するまでもない数式になりますが…168冊という結果になりました。なかなかの冊数です。

これに関しては期間についてのアドバイスは特に書かれてはいないですけど、月1ペースだと10年以上かかるので、書いてなくてもやっぱりかなり早いペースで読むことが前提になってますよね。

③のページ数カウントは斬新だな~と思いました。語数を数えるのとかほんと大変そうだし。ページ数ならサクっと計算できますね。先日読んだ sycamore row が600ページだから、それだと17冊。薄い本も時々読むとして平均300ページとしたら倍の34冊。これもけっこうなハイペースでいかないと年間で読むには難しい数字です。



今のところ、ビーは読む量のノルマとか目標はまったく立ててません。これは目標立ててその通りいかないとストレスになるからなあ…という消極的な理由なんです。なので今年の目標も「できるだけ多く」というあいまいな表現してます。
 
、「速さ」については最近気になってるんですよね~。

英検を数回受けてみて、やっぱり自分は読むのが遅いんだなってことが浮き彫りになったし、それになんといっても、速く読めればそれだけたくさんおもしろい本に出会える可能性も高くなるはずだから。

目標冊数を掲げて期限内に読み切る、ってこともビーには必要かなって思うようになってきてます。



でも、とりあえず今は、整体にしっかり通って、教わった運動を続けて、良い姿勢を習慣にして、はやく体の痛みを撃退して、まずは読書そのものを再開できるようにしたいと思います。


拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

本を読みたい★

プロフィール

HN:
ビー
性別:
女性

最新コメント

[09/25 大阪の主婦]
[09/21 ビー]
[09/20 大阪の主婦]
[05/18 三村周]
[02/13 ビー]

ランキング

ブログ内検索

忍者カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31