忍者ブログ

多読で英検1級とりたーい

アラフォー女子のビーが英検1級を受験します 海外ドラマSUITS & 大河ドラマ真田丸 が好き

準1級、受けてきました

前に準1級を受けたのは10年以上前、今の形式にリニューアルされてすぐの頃だった気がします。たしかボーダーラインぎりぎりでの合格でした。そして今回、1級の二次試験をどうしても午後に割り振ってもらいたいがために、ふたたび準1級を受けることになりました。受けてきた今の気持ちは、たぶん受かるだろうという気持ちと、落ちたらどうしようという気持ちが半々です。

 

会場は去年1級を受けた時と同じ学校でした。

去年のブログ 冬の1級、受験してきました(前編)

↑ 去年とても寒かった会場なので、やだなーって思いながら行きました。そして今年もやっぱり寒かったです。でも去年の教訓をいかしてかなり厚着していったのでなんとか我慢できました(…っていうか我慢するしかないんだけど…)。

1級との違いはちょっと時間が短くて問題数が少ないだけでしょ…って思っていましたが、そうでもなかったです。

まず、受験人数がぜんぜん違う!! 多い!! そして若い!!

1級を受験したことのある人ならお分りかと思いますが、1級の会場が満席ということはほとんどないですよね。そして年齢層も、たまに学生さんがいるけど、私のようなアラフォー主婦やおじさまが多い。

でも準1級は違いました。空席がほとんどないくらいの人口密度。そして大半は高校生のように見えました。1級のときよりかなりアウェイ感がありました。



さらに、リスニングの問題構成が1級とちょっと違うのでなんか変な感じがしました。インタビューがない分、会話とナレーションの問題数が多かったです。



難易度は、大問1~3は確かに1級より簡単かなって思いました(といいつつ、すでに語彙で間違えが3つ判明してるし、読解も不安なのがあるけど)。

英作文も1級より求められる文章量が少ないので気が楽でした。

でもリスニングは1級より簡単って感じはしませんでした。ほんのちょっとだけ1級よりやさしいかなとは思いましたが、分量もそれなりにあるし、早さもあんまり変わらないような気がして、リスニング中は1級受けてるのか準1級受けてるのかわからないくらいでした。



あー、とにかく受かっていてほしい。1級のときよりもドキドキします。



   

拍手[3回]

PR

実は…

今度の日曜は英検の一次試験です。私は1級は一次免除で申し込んだので筆記は受けません。

でも、準1級は筆記試験を受けます!!

…いったい何のために?

別に力試しではありません。これは時間の問題なのです!! 1級の二次試験を午後に受けたいのです。

今度の二次試験の日も午前中に用事があって、午前に割り振られたら受けられないかもしれないなとぼんやり思っていました。そこで要綱を良く読んでみると、二次試験に関して「準1級は基本的に午前、1級は午後に行う、でも1級は午前にやることもある」みたいに書いてありました。なので準1級もパスしておけば1級は午後に割り振られるのではないか?という賭けです。

でも、今週末も天候が悪いらしいので、あまりにも交通が悪くなったら棄権するかもしれません。

そして1級の二次を午前に割り振られたら、ダメもとで時間変更のお願いをしてみるつもりです。(前々回は参院選と重なったせいで時間変更は一切しないって発表があったんだけど、今回は選挙じゃないから大丈夫かもしれない、でもわからない…)

そんな状況です。


怖いのは準1級の筆記試験に落ちること。

これは冗談でなく、じゅうぶんあり得ることだと思ってます。

でもそれも、そうなったらなった時です。



拍手[1回]

本を読みたい★

プロフィール

HN:
ビー
性別:
女性

最新コメント

[05/18 三村周]
[02/13 ビー]
[02/12 NOBU]
[02/04 ビー]
[02/03 大阪の主婦]

ランキング

ブログ内検索

忍者カウンター

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31