忍者ブログ

多読で英検1級とりたーい、そして、在宅翻訳者になりたーい

小学生の母でアラフォーのビーが、英検1級を目指しながら、在宅ワークもがんばる様子を記します。ドラマ SUITS が好き。

英語学習者が読む「職業としての小説家」③

この本の好きな部分を紹介しています。今日の引用部分はこの本で一番好きなところ!!

以下引用。

ジェームズ・ジョイスは「イマジネーションとは記憶のことだ」と実に簡潔に言い切っています。



これ自体は村上の言葉ではなくジョイスの言葉ですが、この後に「そしてそのとおりだろうと僕も思います。」と続き、どうしてそう思うのかが丁寧に書かれています。その内容がまたいちいち納得できるものなのです。何かを新しく作り出そうとしても、その材料となるものが自分の中の倉庫にたくさん蓄えられていないと出来ないよ、という内容は特に好きです。
 
この部分が好きなのは、自分自身がこのことに気付かず、苦い経験をしてきたからです。

新卒で社会人になった頃、やる気はあったけど空回りばかりでした。それはとにかくやみくもに自分の短絡的な発想だけで突き進んでいたから。 もっと自分以外のものに多く学び、先人が作った優れた「テンプレ」を有効活用し、「出す」ばかりでなく「蓄える」作業が必要だっとと強く思います。

英語の勉強を始めてからも失敗はありました。やっぱりアウトプットが大事じゃん♪と考えて、語彙や文法の学習をおろそかにしたこと。

いま、英検二次の対策を考える中で、ビーにとっては神ともいえる1級ホルダーの方々の勉強法をブログで読んでますけど、みなさん、準備がパないです。 原稿を何通りも作成して、ひたすらインプットしている。 こういう過程を経て、試験本番にイマジネーションが発揮されるんだなあ、と思いました。


拍手[1回]

PR

英語学習者が読む「職業としての小説家」②

この本の好きな部分を紹介しています(•ө•)♡



次のお気に入り箇所はここ。

考えてみれば、特に自己表現なんかしなくたって人は普通に、当たり前に生きていけます。しかし、にもかかわらず、あなたは何かを表現したいと願う。そういう「にもかかわらず」という自然な文脈の中で、僕らは意外に自分の本来の姿を目にするかもしれません。

 

そうなんですよね。仕事でどうしても必要って人以外、特に英語の勉強なんてしなくたって生きていける。ビーもそうです。
 
でも、「にもかかわらず」、英語の勉強を好んでする。

ほんとなんでだろ…って思う時あります。

だからこそ、「にもかかわらず」の中で案外本当の自分が見えてくるのかもよって言われたら、ちょっとうれしくないですか? ビーはなんかうれしかったです。

拍手[0回]

英語学習者が読む「職業としての小説家」①

この本が文庫になったので買いました。村上春樹、最新のエッセイです。



村上春樹の小説を読まない人でも、英語を勉強している人であれば「良い栄養」になる本だと思います。

感動したポイントをちょっとずつ紹介していきたいです。
 
以下引用。

言語と言うのはもともとタフなものです。長い歴史に裏付けられた強靭な力を有しています。誰にどんな風に荒っぽく扱われようと、その自立性が損なわれるようなことはまずありません。



まず「おおー!」と思ったのがこの部分。村上春樹自身がその昔、文体をずいぶんと酷評されたことを振り返りながら書かれている部分です。

英語を学んでいる者にとっても、なんだか心強い話ではないですか?

英語を学ぶ中で、なるべく間違った表現をしたくないという思いが出てくるのは当然だと思います。

でも、まるで英文をガラス細工か何かのごとくとらえてしまって、どんな傷も与えてはならない、みたいな気持ちになったら勉強は楽しくなくなるだろうなあと思います。

ビーは英会話サークルでしゃべっているとき、もう途中からめちゃくちゃな英語になってしまうことが多々あります。まったく美しくない英文。

でも、言語にはそういう面もすっかり受け止めてくれるような懐の深さがあるって思えば、気も楽になります。

ポイントは、この考え方の対象が「言語そのもの」であり「人」ではないってことです。

「間違えたっていいんだよ」的な助言は巷にたくさんあふれています。それはちょっとくらい間違えても(たいていの)相手は気にしないよ、という意味で使われています。でもそういう考えでは、相手によってまったく状況が変わってきます。あの人の前ではリラックスしてしゃべれるけど、この人の前ではダメだ…、ということになります。(もちろんビジネスが関係しているので失敗できない、とかは別の話です)

しかし、言語そのものの器の大きさを感じることが出来たとき、もっと自由に楽しく英語学習ができるようになると思います。


★もちろん、だからといって正しい知識を身につけなくていいって言ってるわけじゃありません。(村上氏も、文法はちゃんと知っていた方がいいって言ってます)


つづく!! 

拍手[0回]

津崎はGMATとGREのテキストも持っていた




今週も「逃げ恥」おもしろかったです。笑った笑った(^O^)

ところで、津崎のリビングの本棚がまた映ったのでチェックしてみましたよ。そしたら、他にも英語のテキストをもっていました。

 

まず、一番上の段にあるGMAT対策本は左の本だろうと思います。シリーズでいろいろ出てますが色がみんな違ってて、この色が一番近かったです。

GRE本は右の本だと思います。

SAT本だけは古いけど、こちらの2冊はまあまあ新しい模様。

あとはネットワークやプログラムの本がほとんどですね。ビーの夫も同業なので、似たような本が家にあります。タイトルに SQL、サーバー、ソフトウェア、運用、みたいな単語が入った本がたくさん…。

↓は津崎の本棚にあった本と同じものです。



個室の方にも本がたくさんあったので、そっちも映ったらチェックしてみたい(^O^)


拍手[0回]

ドラマ「逃げ恥」津崎の本棚

ビーのドラマ好きは今に始まったことじゃないんですけど、またひとつ、お気に入りドラマが出来てしまいました。

「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS)

なんとも奇妙なタイトル。元々はベルギーのことわざらしいです。意味を聞いたらけっこうじーんと来ました。

このドラマでは、星野源が演じる津崎の部屋でのシーンが多いのですが、ビーは見つけてしまいました。津崎の本棚にこの本があることを。
  
 

The Official SAT Study Guide (Official Study Guide for the New Sat) 。リビングの棚に発見しましたよ。


 
写真は公式HPのフォトギャラリーから拝借


彼は京大卒の秀才という設定なので(それ以外の経歴はまだ謎ですが)、SATを受けていても不思議ではないな~なんて思って見てました。

他にも探せば英語関連の本、あるかもしれないですね。

ちなみにこの本にはすでに改訂版が出てます。(なので旧版の↑は格安になってるんですね)
 
 

国語(英語)だけじゃなく、数学の問題も豊富に載ってるそうです。ますます理系の津崎の部屋にあるのも納得。


ちなみに、ドラマのあらすじなんですけど、就職活動全敗のうえ派遣切りにあった20代の女の子が、30代の独身男性と契約結婚をして、月給194,000円で1日7時間(土日祝日は休み)家事に従事するって話です。

拍手[4回]

本を読みたい★

プロフィール

HN:
ビー
性別:
女性

最新コメント

[09/25 大阪の主婦]
[09/21 ビー]
[09/20 大阪の主婦]
[05/18 三村周]
[02/13 ビー]

ランキング

ブログ内検索

忍者カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31