忍者ブログ

多読で英検1級とりたーい、そして、在宅翻訳者になりたーい

小学生の母でアラフォーのビーが、英検1級を目指しながら、在宅ワークもがんばる様子を記します。ドラマ SUITS が好き。

真田丸 第8話「調略」

ふたたび昌幸のウィキペディア、下線部が今週の内容のところでした。

川中島で上杉軍と北条軍が一触即発状態→戦い回避となった今回の出来事は 7月30日のことだったそうです。

武田勝頼自害 4月3日。
本能寺の変 6月21日。
滝川が北条に敗れた 7月5日。
上杉が北信濃に進攻してきた 7月10日。

昔の言い方の日付と、西暦の日付があるけど、↑の日付は英語版ウィキにある西暦の日付。

いずれにしろ、1582年はまだまだ続くよ…!!


  

甲斐にいた家康が「北条が攻めてくる~!! うわーん!! 鎧がきつい!!」ってなってるところで終わりました。

最後はそんなギャグっぽい感じでしたけど、今週の内容はなかなかずしーんと暗いものでした。信伊おじさんのやってることがクリーンなことじゃないのは分かっていたはずだけど…かなしすぎ…。

源次郎も30年後には Crimson Demon of War と呼ばれるようになるくらいだから、こういう仕事をめっちゃたくさんして鍛えられていくのでしょう…。あの素直な源次郎が Demon になるですよ…。

また、景勝を演じているエンケンのピュアな感じがなんともいえないです。景勝のパパは越後の龍と呼ばれた上杉謙信なのに、えらい違いですね。

そういえば、謙信の永遠のライバルだった武田信玄も、甲斐の虎の異名を持つワイルド名将でしたが、息子勝頼(第2話で没)もパパに似ず?ピュアな感じに描かれてましたね。(勝頼も、兄の死によって急きょ家督を継いだ身で、それまでは母方の姓の諏訪を名乗ってたくらいで、あまり武田っぽくないのは無理もないらしいですが)。

更に、北条氏政の息子の氏直も、ふだんめっちゃ威張ってるくせに、パパの前では急に子犬のようになってしまうキャラでした。

真田丸では、真田親子以外でも、こうした親子の描写もおもしろい気がします。そのうち豊臣親子も出てきますが、豊臣親子もいろいろエピソードがあるようなので三谷幸喜がどう描くのか楽しみです。



ところで、NHKの公式サイトで「5分でわかる真田丸」という総集編が毎週アップされてて、英語字幕版もあるんです。これがけっこう勉強になります。

この回「調略」の英語タイトルは Ploy 。そして「この男(春日信達)を調略する」という昌幸のセリフは We'll manipulate him. になってました。


その他、英語サイトにあったこれらの表現おぼえたいです。

Sanada Masayuki feigns allegiance to Uesugi while planning to switch to the Hojo side.

Upon Masayuki's orders, Nobushige infilrates the Uesugi troops.

Nobushige strives to live up to his father's expectations.

Under his uncle Nobutada, Nobushige tries to persuade Kasuga Nobutatsu to defect.

Masayuki has rival warlords twisted around his little finger.

拍手[2回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

本を読みたい★

プロフィール

HN:
ビー
性別:
女性

最新コメント

[09/25 大阪の主婦]
[09/21 ビー]
[09/20 大阪の主婦]
[05/18 三村周]
[02/13 ビー]

ランキング

ブログ内検索

忍者カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31