忍者ブログ

多読で英検1級とりたーい、そして、在宅翻訳者になりたーい

小学生の母でアラフォーのビーが、英検1級を目指しながら、在宅ワークもがんばる様子を記します。ドラマ SUITS が好き。

真田丸 第5話「窮地」

ドラマの中での家康の存在感が増してきましたね~。

以下の In late 1852, ~ の内容が今回のドラマで描かれた部分です。家康が必死に逃げ帰る様子が今回のハイライトでしたね。

今回の話に英語でタイトルつけるなら、このウィキペディアの中にある表現 Ieyasu's Dangerous Journey Back to Mikawa に迷わず決定です。笑

   
本能寺の変の直後、家康は信長とお茶会の約束があったため大阪にいたそうで、そこから命からがら三河まで逃げます。

明智軍に見つからないように、いわゆる「落ち武者狩り」に遭わないように、ハマカーンの浜田が演じる家臣・忍者の服部半蔵に手伝ってもらいながら伊賀越えを果たし、なんとか愛しの茶阿局の待つおうちまでたどり着きました。

この伊賀越えが、真剣なはずなのに、とってもおもしろかったです。いやほんと、実際は相当真剣だったはずですが。



明智光秀といえば、前回のお話で信長に折檻されても我慢していましたが、最近の「歴史秘話ヒストリア」で放映されていた内容によると、信長の無茶なリストラに対してかなり腹を立てていたみたいですね。

信長はこのころ家臣のリストラを激しくやってたらしく(リストラというと優しい感じですが、「追放」です)、その理由がすごかった。

「最近は目立った活躍がないから」

なにか悪いことしちゃったとかじゃなく、普通だからダメっていう。どうしますよ?!

それで光秀ももう我慢できねえ~ってことになったみたいです。

来週は山崎の戦いについて描かれるのかな?
 
 
 
 
今週、昌幸だってもちろん見せ場ありましたよ。それは

「わしの本心か…? では教えてやろう………

……まっっったくわからんっ!!」の部分ですね。笑



 

拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

本を読みたい★

プロフィール

HN:
ビー
性別:
女性

最新コメント

[05/18 三村周]
[02/13 ビー]
[02/12 NOBU]
[02/04 ビー]
[02/03 大阪の主婦]

ランキング

ブログ内検索

忍者カウンター

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7
9 10 11 13 14 15
16 17 18
24 26 28 29
30 31