忍者ブログ

多読で英検1級とりたーい、そして、在宅翻訳者になりたーい

小学生の母でアラフォーのビーが、英検1級を目指しながら、在宅ワークもがんばる様子を記します。ドラマ SUITS が好き。

採用試験・トライアル

在宅ワークについて何回かに分けて書いています。

今までに受けた中には、先に試験をしてからトライアルに進むタイプと、先にトライアルを受けてから試験に進むタイプの2種類がありました。(仮採用→研修→トライアルという順番で、トライアルが2度目の採用試験みたいな会社もありました。なんとか無事通ってお仕事をもらっていますが)。

試験の内容は、主に一般常識問題、時事問題でした。いまさら対策のしようがないと思ったので、ただ行って試験を受けるだけでした。英語の試験は一度もなかったですが、一般常識問題で英語の頭字語が出題されることが割とあって、そういうのはばっちりできました。GDPとかIoTとか。ワイドショー好きなので時事ネタは意外とできました。漢字は書けなかったなあ…。

他には、会社の理念についての軽いレクチャーの後、それについてのミニ試験を行ったところもありました。また、在宅ワークの募集ならではの、自宅で仕事をする場合の情報セキュリティについての問題が出されたところもありました。

面接はすべての採用試験で行われましたが、在宅ワーカーの面接は合否を分けるようなものではない気がしました。どちらかというと、募集内容をきちんと理解しているか、詳しい説明を受けた後でもやりたいと思っているかについて最終確認をとっているだけという感じでした。

「どうして在宅でお仕事をしたいんですか?」は必ず聞かれると思います。育児、介護、自分の体調、副業だから、とかいろいろあると思いますが、これも、どれが理由でもそれほど合否に関係ないのかなと思います。ただし、「人付き合いが嫌いで」「前の職場で人間関係でもめて」などと言ってしまうと、当然、結果に影響してくると思います。在宅の仕事でも、電話やスカイプなどで人と話をしなければならない場面はたくさん出てくる上に、大抵そういうのは不備があったり困ったことがあったりする場合で、そこそこ面倒なやりとりをしなければならないので、対人苦手アピールは避けた方がよいと思います。

あと、応募者がどのくらいの収入を期待しているのかを採用側が知るための面接でもあると思います。多くの在宅ワークはいきなりそれだけで生計を立てられるようなものではないので、そこらへんの説明を対面できちんとしてくれることが多いと思います。

最後に服装についてです。私の場合、最初に試験を受けることになった会社から、「社会人らしい格好(スーツ)で参加してください」とキッパリ書いてあったので、迷わずリクルート系のスーツで行き、その後の会社もすべてその格好で参加しました。(ママ友など、知り合いにはあまり見られたくない姿ですけど…。)

やはり試験は疲れましたが、地方の方は新幹線や飛行機で来ている方もいたので、それに比べれば私はずいぶん楽だなと思いました。家から出ないで仕事ができるというのが最高のアドバンテージである在宅ワークですが、試験(とたまに研修)だけは決められた日に決められた場所に行かなければならないので、ハードル高いですよね。でも、やはり試験のある仕事の方がその後しっかり仕事がもらえるような気がします。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

本を読みたい★

プロフィール

HN:
ビー
性別:
女性

最新コメント

[05/18 三村周]
[02/13 ビー]
[02/12 NOBU]
[02/04 ビー]
[02/03 大阪の主婦]

ランキング

ブログ内検索

忍者カウンター

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 23 24 25 26
27 28 29 30 31