忍者ブログ

多読で英検1級とりたーい、そして、在宅翻訳者になりたーい

小学生の母でアラフォーのビーが、英検1級を目指しながら、在宅ワークもがんばる様子を記します。ドラマ SUITS が好き。

在宅での仕事開始

研修が一通り終わったら、自宅で自分ひとりだけでの業務がスタートします。ドキドキする~…と同時に、やっぱりちょっと開放的な気分にもなりました。そして、どの会社の時も、初仕事の依頼が来たときはすごくうれしかったな~。

しかし、いつまでもハッピー気分にひたってはいられません。何もかもが初めてなので、時間がかかって仕方がない。とにかく見通しを立てるのが難しかったです。1つのパターンの仕事に慣れたころに、今度は違うパターンの仕事が来たりして、思ったより時間がかかってしまうなど、よくありました。

仕事状況のエントリでも書きましたが、いろいろと細かい指定がある案件が多いので、慣れるまでは確認、確認、最後にまた確認…、というところでまさかのミス発見…など。疲れます。

分からないところが出てきた時は躊躇せず担当の方に電話して聞きました。今思えばアホな質問もたくさんしましたが、担当の方はいつも親切に対応してくれました。「小さいことでも不確実なまま進めるよりはどんどん聞いてもらいたい」って言ってくれる担当さんの存在は本当にありがたいです。フリーではなくパートであることの良さのひとつかなと思います。

あと、おまけですが、実際に仕事を始めてみて思ったことのひとつに、狭い家は不便!!というのがあります。今更というか、当たり前なんですけど…。資料作成や添削はPCひとつで出来るってイメージがあったのに、実際はそんなことなかったので改めて強く感じました。

答案採点は文法書や参考書や自作の虎の巻を確認しながらだし、資料作成もクライアントが送ってくる書類を印刷したものを見ながらやるので、そしてそこに飲み物、お菓子、文房具、電話も置いくとなると…、とにかく広い机が欲しいです。書類は一応デジタルな形で来るのですが、何種類もあって画面切り替えが面倒なので印刷して使っています。2台目ディスプレイかタブレットがあれば少しマシになるかもしれないです。

自分の書斎を持っている人は本当にうらやましいです。今の密かな野望として、お金をためたら自分の書斎を庭に建ててやろう!というのがあります。いわゆるプレハブですけど、今のプレハブってものすごくオシャレなものになってるんですよ。

例えば無印良品の「小屋」。
↓(スーモのサイトに飛びます。無印のサイトより見やすいです。) 
 
 http://suumo.jp/journal/2016/01/18/104351/ 
 
 
こんなのとか。隠れ家的な感じで良くないですか。
 
 
 
http://ietopi.com/one-office-prefab/

 
この大きさならなんとかなるかもしれない。


   
ヤドカリのサイトも見てて楽しいです。 
   
http://yadokari.net/minimal-life/461/

拍手[2回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

本を読みたい★

プロフィール

HN:
ビー
性別:
女性

最新コメント

[09/25 大阪の主婦]
[09/21 ビー]
[09/20 大阪の主婦]
[05/18 三村周]
[02/13 ビー]

ランキング

ブログ内検索

忍者カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31